ツイッター炎上から子どもを守る

ツイッター炎上から子どもを守る

全国webカウンセリング協議会 安川雅史

Twitter(ツイッター:140文字以内の短文を投稿できるブログ形式の情報サービス)などで同じようなトラブルを起こしています。ツイッターの別名は「バカ発見器」とか「バカッター」とか言われています。何にも考えないで、相手のことを思いやることもなくつぶやき、取り返しがつかないことをしてしまう子どもは多いです。自分がつぶやくことによって、「みんなから反感を買わないかな」とか、「誤解を招くようなつぶやきしていないかな」とか、そのようなことは全く考えていません。何にも考えないでつぶやいたり、人のプライバシーにかかわることを書き込んだり、画像を掲載したり、このようなことを平気でやってしまう。何も考えずにやってしまったことが、後々まで重大な重荷を背負うことになるのです。  震災(2011(平成23)年3月11日の東日本大震災)があった日、(東京)都立高校に通っている女の子が、下校途中、ケータイ片手にメールしながら、自転車で歩道を走っていました。向こうからおばあちゃんが歩いてきました。でも、その子はおばあちゃんの事を見てなかったのです。自転車で跳ねられたおばあちゃんは、車道のほうに吹っ飛んでいきました。その子は、跳ね飛ばされたおばあちゃんに向かって「ババアむかつくんだよ」と悪態をついて、そのまま家に帰りました。  その途中で大地震(東日本大震災)は発生したのです。家に帰ると、家の中は足の踏み場もないくらい滅茶苦茶な状態になっていました。その子の家には同居しているおばあちゃんがいました。そのおばあちゃんは、何が起こったのかわからずに一人でパニックになっていました。その子は、自分のおばあちゃんに対して、また腹が立ったのです。「ババア仕事もしてないんだから片付けくらいやれよな」と罵声を浴びせ、自分のおばあちゃんを殴り始めたのです。 その時、友達から連絡がありました。「びっくりしたよね。すごい地震だったよね。こんなことめったにないから、せっかくだからみんなで地震の記念にプリクラ撮ろうよ」と電話がありました。「私たちまだラウンドワン(ボーリング場などの複合エンターテイメント施設)にいるんだけど、ここまだ閉まっていないから、早くおいでよ。早く来ないと閉まっちゃうよ」「電車とか全部止まっているみたいだから近いから自転車でおいでよ」と。その子は大慌てでラウンドワンに行って不謹慎なプリクラを撮ったのです。東北大地震と書き込んでピースをしたプリクラを自分のブログに貼ったのです。でも、親とか先生に見られちゃまずいと思っていたのでしょうね。友達しか見れないように、パスワードは掛けていました。 しかし、世の中には、パスワードを解読することを趣味にしている人がいるのです。未成年がパスワード設けてるということは、「どうせこいつら何か見られてはまずいことをやっているんだろう」と。この子のパスワードも解読されて中に入られて、それまでブログに書かれていた内容や画像などをすべてネット上に公開されてしまいました。「こいつ自分のおばあちゃんに虐待している」「ひき逃げの犯人だ」「高校生の分際でこいつタバコ吸っている、バカか」と叩かれました。当然、個人名や学校名もさらされていますから翌日学校には朝からクレームの電話が鳴りっぱなしになりました。一度このようネット不謹慎な画像や書き込みが出てしまうと、あっという間に拡散されてしまいます。  この件について学校側から相談が来ました。私ども(全国webカウンセリング協議会)の方で管理者に削除依頼を送るなどの対応をして、なんとか、2チャンネル(日本最大の電子掲示板サイト)の大元の書き込みは消すことが出来ました。ただ、すでに情報が拡散し過ぎていて、お手上げ状態でした。大元を消しても問題解決にならないのです。この子は、学校から当然処分を受けました。それでは、処分を受けたらこの子の罪は許されるのかというと、そうはならないのです。この子は、この罪をずっと背負って生きていくことになるのです。ネット上で、画像検索とか名前検索すると、先ほどお話した内容が全部出てきます。 いろんな企業を回っていると、採用担当者の口からこういう話を耳にします。「今の若い子たちは、マニュアル本とか読んで、面接は完璧にこなせるように練習してくる。しかし、先生、今はそういうことだけで、その人を判断していませんよ」と言うのです。「今の子は、ツイッターをやっていたりFacebook(フェイスブック)をやっていたりするので、我々の企業サイドにとって、それらが判断材料になるんですよ」と言う。「さっきの子は、確かに面接の対応は完璧でした。しかし見て下さい。先生だったらこの子採用しますか?」と。「この子、高校生の頃からタバコ吸っているんですよ。ツイッターの書き込みもずっと見せてもらったけど、この子はたばこの銘柄まで書き込んでいる。先輩とも酒を飲みに行ったりもしているんです。この子、多分どこの会社の面接受けても難しいと思いますよ」と。  SNS(Social Networking Service:社会的ネットワークをインターネット上で構築するサービス。代表的なサービスとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界ではFacebook、Twitter、Google+、Myspace、LinkedInなどがある)などへのネット上の書き込みは、いつか消えるだろう、と多くの人は考えるかもしれません。しかし、それは甘いですね。ずっと残り続けていく可能性があります。先程お話した子が、将来結婚を考えた時に、相手が自分の恋人の事をネットで調べて、ひどい内容の書き込みを見つけてしまうと、結婚をためらってしまうかもしれません。また、将来その子が成人して母親となった時に、お子さんが何気なく自分の母親のことを検索して、ひどい内容の書き込みを見つけてしまったら、お母さんのことをどう思うだろうか。悪ふざけではすまされないのです。あまりにも重すぎる代償です。  ある親御さんが、亡くなられた息子さんの事で、私ども(全国webカウンセリング協議会)のところに相談に来られたことがあります。知り合いから「お宅のお子さんがネット上でさらし者にされている」と聞かされたのだそうです。かわいそうだから何とかしてあげたほうがいいと。お母さんはまさかと思って自分の子どもの名前で検索をかけると、死亡記事だけではなくて息子さんの顔の画像や付き合っていた女の子の画像、そしてブログの書き込みの内容までネット上にアップロードされていました。子どもたちが書き込んだ内容やプロフィールサイトの内容などが、亡くなったからといって自動的に消えるものではないのです。死んでもこの世にずっと残っていく。それを元に批判されることもあるのです。  このようなことをやってしまう子どもに共通していること、それは親や学校の先生方の無関心です。子どもたちのSNSなどへの書き込みを例に取っても、「自分たちの学校は大丈夫」だとか、「そんなの学校と関係ない、家庭の問題だ」なんて、何の根拠もなく言い張っているのです。そのような学校ほど問題が起こります。  今の子どもたちに「学校を受験する上で何を一番参考にしている?」と聞くと、パンフレットや学校見学ではなく、「ネットの書き込み」という答えが多数を占めます。自分が受験したい学校の名前で検索をかけて、そこでタバコを吸っている画像や学校の先生の悪口などの書き込みを見つけると、一気にその学校を受けようという気持ちはなくなるといいます。更に、LINEを使って、その悪評を友達に広めると言う子もいました。「あの学校やめておいた方がいいよ、評判悪いよ」なんてことを書き込むとあっという間に学校の評判なんて落ちてしまう時代なのです。  学校の先生方も、自分たちの学校を守ろうという意識を持たなければなりません。子どもたちもそうです。ネットで、たとえば「〇〇ちゃんこないだキスしているような画像のせていたよねとか、先生の悪口書いていたよね」なんて。子どもたち同士では、結構分かっているのです。しかし、自分の事でないと思い込んでいます。自分の通っている学校の評判が落ちるということは、自分の評判を落としていることになるのです。「ああ、あの学校の出身者すごいね」って言われるのと、「ああ、あの学校ね。最近ネットで色々叩かれているよね。なんかまずい書き込みも多いしさ」と言われるのは全く違うのです。しっかりと子どもたちにも、みんなで自分たちの学校を守っていこうという意識も持たせなければならないのです。親の無関心と学校の先生方の無関心によりネットトラブルは発生するのです。しっかりと大人が教えてあげればこのようなトラブルもなくなっていくし、ネット上でのいじめというのも少なくなっていくはずなのです。

2011511日千葉県の公園で集団暴行にあって亡くなった高校生がいました。犯人は全員未成年でしたが、ネット上では殺人に加わっていた子どもの情報、人間関係がすぐにアップされました。殺人犯と付き合っていた彼女の家には、嫌がらせの電話が鳴りっぱなし、家にも嫌がらせをしに押しかけてくる人もいて、家族が崩壊状態になり、ご両親から相談がありました。全国webカウンセリング協議会ですぐに対応し、今はこの子の名前で検索しても出てこない状態まで持っていけました。2013年の夏、うたうんだ村でバイトをしている埼玉県の高校3年生が、ツイッターにカラオケ店の個室で性行為をしているカップルの画像を載せてしまいました。あっという間につぶやいた子が特定され、つぶやいた女の子の学校名や、個人情報や悪口が広まり、すぐにこの子は焦って謝罪しましたが悪口は収まらず、更に炎上してしまいました。今も、この子の名前、画像検索をするとすぐに出てきます。将来、恋人ができて付き合うようになっても、なにげなく彼女のことをネット検索すると、悪口や酷い画像で埋め尽くされているとさすがに付き合うのをためらうでしょう。某有名大学の生徒がミクシィー内に友達と悪ふざけで下半身の画像を載せて遊んでいました。当然誰にも見られないようにパスワードは設けていましたがパスワードは解読され、下半身の画像が誰でも見れる状態になっていました。また、出身幼稚園、出身小学校、出身中学校、出身高校、大学のゼミ、バイト先、バイト先の電話番号まで、さらされました。翌日、バイト先や、大学にも野次馬が押し寄せ大変なことになってしまいました。結婚して子どもができて、子どもがお父さんの名前でネット検索する可能性もあります。子どもは父親のことをどう思うだろうか?ツイッターはバカター、馬鹿発見器といわれています。ツイッターでつぶやいた内容は取り消しが聞きません。高校生が「今から大好きな●●先輩と居酒屋にのみに行く」とつぶやけば、あっと言う間に個人が特定されて学校にクレームの電話が入り、ネットでの攻撃の的になってしまいます。ネットで攻撃がはじまると24時間365日精神的に追い詰められていきます。岩手県の議員さんも、病院に行き、病院の対応に腹が立ち、お金も払わないで帰ってきたことをネットに書き込み、ネット上で罵声を浴びつづけ、自分で命を絶ってしまいました。子どもから相談があったとき、「見るんじゃない」「気にするな」と無責任なことを言う大人がいます。子どもの命を守るために親や教師がしっかりとした対応を学ばなければ取り返しがつかないことになります。教師も生徒も自分たちの学校を自分たちで守っていく手段を学ばなければなりません。今は、全国webカウンセリング協議会には、年間240以上の講演依頼が全国の中学、高校から殺到し、講演をした学校ではトラブルがなくなったと報告を受けています。ネットが原因で教え子が命を落としてしまった学校の校長も毎年予算取りをして講演会を開いてくれています。今の子は言っても聞かないと言う声を良く聞きますが、本当に生徒の心に響く話ができていますか?同じ事を話しても生徒たちの心に響かなければ全く意味がないのです。

子どものスマホ・トラブル対応ガイド

2016年4月11日発売。 知っていますか? スマホの危険と対処法 教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載!...
発行年月日 2016年04月11日
定価 2,160円
(本体:2,000円)
 
編著者名 全国webカウンセリング協議会 理事長
安川 雅史/著
img_20160330-004937.gif
子どものスマホ・トラブル対応ガイド - web ...
shop.gyosei.jp/index.php?main_page=product_info...50...
 
子どものスマホトラブル対応ガイド(予約) - 20163月下旬発売予定。現在予約受付中です。知っていますか? スマホの危険と対処法教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載! □「スマホ依存」「LINEいじめ」「悪質投稿」「リベンジポルノ」――


 

携帯電話に変わるスマートフォンの急激な普及をふまえ、新たな情報モラルの教育に子どもと家庭と地域が一体となって取り組むための教材です。本サイトは【子ども向け】と【保護者向け】で構成されています。
保護者の方/指導される方へ
 

【新作】子ども向け映像教材
情報モラル教材

フリースクールみらいのつぼみ

 

フリースクールみらいのつぼみ

現在、不登校、いじめ、意欲減退、学力不振、家族・対人関係、ネット・ゲーム依存など、生徒とその家族を取り巻く地域社会は様々な課題をかかえています。

フリースクールみらいのつぼみは「課題を抱える生徒や保護者の方に寄り添い、支援を行うこと」「地域とのかかわりにより生徒や保護者の課題を解消し、社会で活躍できる人材を育成すること」を目的として開校しました。

私は教員時代に、様々な子ども達と接する中で、表層に表れない1人ひとりの苦悩や葛藤を深く感じていました。家族の事、友人関係の事、学校での事、自分でもよく分からない辛い事など、本人ひとりでは、立ち向かえない環境にいる子ども達とたくさんかかわりました。

そこで、私は、何かできる事があるのではないか、自分だけでも寄り添えるのではないか、という想いで今の活動を始めました。

学校現場を離れ、養護施設や少年院、児童自立支援施設、知的障害者の施設へ訪問すると、様々な子ども達が一生懸命生きていました。執拗ないじめにあった子ども、家族から見放された子ども、虐待にあった子ども、自分が必要とされていないと信じている子ども、結果として学校に通えなくなった子どもを、日々目の当りにし、子ども達には、心のよりどころ、安心できる居場所や支える人が必要だと痛切に感じました。

絶望してしまいそうな境遇の中、ひたむきに生きている子どもにもたくさん出会いました。私はこのような子ども達や保護者のために、私も成長し続けながら、力になりたいと想い、活動を続けています。

今の社会・世間の荒波を「自分の力で」乗り切り、将来、社会で自分らしく生きていける(貢献)できるよう、子ども達とその家族を支えていきます。

フリースクールみらいのつぼみは、私のこのような想いを実現できる「居場所」として活動して参ります。


ネットいじめ・LINEいじめニュース
 

2013年09月13日 (金)リクナビ進学ジャーナル悪質化が止まらないネットいじめ。身を守るにはどうしたらいい!?
20138月27日(火)産経新聞手口巧妙化、減らない書き込み 監視にも限界
20138月26日(月)産経新聞ネットいじめ・・・消してもまた…無間地獄で人間不信に
20138月25日(日)産経新聞急増LINE 仲間内でエスカレート 自殺後も「お通夜NOW」
2013年8月4日(日)産経新聞LINEいじめ”の構造 届かぬ外部の目 「学校裏サイト」との違いは
20132月25日日経新聞わが子どう守る ネットいじめ・トラブルの実態  
ネットいじめ対応アドバイザー養成講座
全国webカウンセリング協議会・不登校児対応専門能力検定
全国webカウンセリング協議会設立
葬式ごっこ、裸の画像…中高生「LINEいじめ」の実態
http://dot.asahi.com/aera/2013120300029.html
LINEトラブル深刻 いじめや暴力の契機に
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/52231
進化するネットいじめ 今、怖いのはLINEの“外し”
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131017-00010003-jisin-soci
広がる“リベンジポルノ”
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/11/1121.html
わが子をストーカーからどう守る
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2013/12/16/01.html
リベンジポルノ:被害拡大 元交際相手の写真、ネットに
http://mainichi.jp/select/news/20131219k0000m040120000c.html
<子どもとネット>「ラインいじめ」 使い方 ルール決めさせて
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130913.html
<子どもとネット>トラブル防ぐには フィルタリング 親の責務
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130830.html
ネット依存の子どもたち<上> 「つながり」に縛られ
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130815.html
ネット依存の子どもたち<下> 絶対悪視は逆効果
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130817.html
下記から、東京で行われました人権シンポジウムの模様を見ることができます。安川は、LINEいじめについてお話させていただきました。
人権シンポシンポジウムin TOKYO
ネット依存 - ニュースJAPAN - フジテレビ
 誰も見ていないなら何をやってもいいのか?
全国webカウンセリング協議会の各種講座
全国webカウンセリング協議会情報
不登校児対応専門カウンセラー養成
全国webカウンセリング協議会の紹介ページ
全国webカウンセリング協議会活動内容
全国webカウンセリング協議会いじめSOS
ネットいじめ・LINEいじめから子どもを救え
不登校・ひきこもり対策
LINEいじめ
広がるLINEいじめ、LINEトラブル
LINEいじめ相談事例
リベンジポルノ
リベンジポルノから身を守る対策
リベンジポルノ相談が増えた理由
リベンジポルノ相談事例
 

いじめ問題講演会ケータイネット社会の落とし穴」 - あいこどもネット
 
ai-kodomo.net/aichi-kodomo/kodomo/eguide/event.php?eid=555
2013/06/28 - いじめ問題講演会ケータイネット社会の落とし穴ネットいじめからこどもを守る−」 講師: 全国webカウンセリング協議会 理事長 安川雅史氏 開催日(期間): 8月23日(金) ところ: アイプラザ半田 講堂 半田市東洋町1-8. TEL 0569-23- ...
 
ケータイネット問題講演会青少年育成施策推進体制充実強化事業岡山 ...
 
www.pref.okayama.jp › ... › 子育て・青少年青少年育成・指導
2009/02/23 - 2月16日(月曜日)、内閣府と岡山県・(社)岡山県青少年育成県民会議の共催により、『ケータイネット問題講演会青少年育成施策推進体制充実強化事業岡山県研修会)』が開かれました。 当日は、全国webカウンセリング協議会理事長の ...
 
講演会いじめは意外と身近にある」を開催いたしました - 京都光華女子大学
 
www.koka.ac.jp/latestinfo_uni/detail.html?id=2013/02/122314
2013/02/12 - 1月18日(金)、短期大学部主催のシリーズ講演「伝統文化の講演・こころの講演」の一環として、安川雅史先生(全国webカウンセリング協議会理事長)を講師にお迎えし、「いじめは意外と身近にある」というタイトルでお話しいただきました
 
人権教育啓発推進センター ネットいじめ子どもたちを守るために ...
 
www.tvac.or.jp › ボランティア・市民活動デイリー情報
2013/06/18 - 公益財団法人 人権教育啓発推進センターネットいじめ子どもたちを守るために〜 【芝大門人権講座】 ... インターネット上の掲示板等を利用して、特定の児童生徒に対する誹謗・中傷が行われる「ネット上のいじめ」から子どもたちを守るため、 ...
  1. [PDF]
東山田中学校 部活動紹介ムービー上映& 「ネットトラブルネットいじめ ...
 
higashiyamata-pta.jimdo.com/app/.../開催通知(各校共通).pdf?t...
平成 26 年1月 31 日. 東山田中学校区保護者様. 横浜市立東山田中学校. PTA 会長 河原 恭子. 校 長 平野 真理子. 東山田中学校 部活動紹介ムービー上映&. 「ネットトラブルネットいじめ〜最新事情とその対処法〜」講習会開催のご案内. ―衝撃的な現状、 ...
 
情報ツールの適切な使い方 - 立教新座中学校高等学校 セントポール会
 
st-paul-kai.sakura.ne.jp/2013_lecture2.html
個人情報の管理方法、ネットいじめの対処などについてたくさんの事例をあげながら説明していただきました。 【事例】 (事例1)都立高校、女子高生 ブログにアップした不謹慎な画像が2ちゃんねるで拡散 (事例2)青森光星学園、野球部員 ブログにアップした飲酒 ...
 
FNNニュース: 「リベンジポルノ」に...
 
www.fnn-news.com › 政治一覧
リベンジポルノ」に対する法整備について取材しました。:交際中に撮った相手のプライベートな画像をインターネット上に流出させる、いわゆる「リベンジポルノ」が、今、社会問題化しています。...
 
広がるリベンジポルノ” - NHK 特集まるごと - NHKオンライン
 
www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/11/1121.html
2013/11/21 - 鈴木 「“リベンジポルノ”ということばを、ご存じでしょうか。 今、若者を中心に起きている問題なんです。 “リベンジ”とは“仕返し”という意味ですが、交際中に撮った相手のプライベートな画像、体の写真などを、ふられた恨みから、インターネット上に ...
 
6スマホで家族の個人情報「全部流出」…神戸 ... - MSN産経ニュース
 
sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/.../waf14031316240023-n1.htm
2014/03/17 - 電話番号やメールアドレス、住所、生年月日…。子供が気づかない間に、本人や家族、友人の個人情報流出させていたとしたら…。利用者の低年齢化が進むスマートフォン(高…


◇問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会
【本部事務局】
〒105ー0014
東京都港区芝1ー5ー9住友不動産ビル2号館5階
TEL:03ー6865ー1911
FAX:03ー6865ー1918
URL: http://www.web-mind.jp/
Mail:info@web-mind.jp
 


QRコード
携帯用QRコード