アプリ依存の子どもたち

メッセージに一喜一憂、ゲームで浪費…アプリ依存の

2013/7/31  日本経済新聞 電子版
 
 少女たちはメッセージアプリで友達と長時間つながり、届いたテキストの内容に一喜一憂する。少年たちはゲームアプリに没頭してバイト代をつぎ込み、寝食を忘れてネットの世界で活動する――。小学校高学年から中学生、高校生たちにスマートフォン(スマホ)が急速に広がるなか、様々な課題が浮上してきた。本連載では、スマホを肌身離さず持ち歩く「スマホチルドレン」の現状を、中学校での生徒指導経験が豊富な兵庫県立大学の竹内和雄准教授がアンケートとインタビューで明らかにする。親世代がうかがい知れない驚くべき実態がある。
 
 「スマホのソーシャルゲームにはまって、平日は10時間、休みの日は18時間、食事と風呂以外ずっと。友達もみんなやっていて、長時間続けようと思ったら課金が必要。毎日頑張ってゲームするんですが、一方で、必死でバイトをして。一度に1万円以上(ゲームに)つぎ込んだこともあります」(高校3年生、男子)。
 「高1のころはグリーとかアメーバ、最近はLINEやツイッターかな。ずっとスマホを触っていて、みんなの動きを分かっていたい。私はちょっと前までガラケー(「ガラパゴス携帯電話」の略。いわゆる従来型の携帯電話)で、みんなの動きについていけなかった。お母さんに頼みまくって、最近やっとスマホで快適に。テスト前も横に置いて、みんなで『寝ずにがんばろう』とか、ついつい書き込みに夢中になって、勉強どころじゃなくなる。めんどうくさいこともあるけど、スマホないとやっていけないかも。今年(2013年)の1年生は、入学前にツイッターとLINEで半分ぐらいがつながって、入学式前に仲間がもうできていたみたい」(高校2年生、女子)。
 こうした声は特別なものではない。大人が知らないだけで、高校生の多くは同じような生活の中にいる。そのまま抜けられなくなる子もいれば、途中ではっと気づいて元に戻る子もいる。上記の男子生徒は、ある日、ネット上で会った大人に諭され、今は受験勉強に取り組んでいる。

■スマホ使用者はイライラしやすい?

 
 筆者は兵庫県立大学で教職を目指す学生の指導のほか、いじめやネット問題など、「困っている子」への効果的な対応方法を研究している。2012年11月に大阪の小学生1583人と中学生1009人に、「スマホ・ケータイ・アンケート」を実施。「携帯電話(ガラケーまたはスマホ)不所持」「ガラケー使用」「スマホ使用」の生活状況と精神状態などについて、クロス集計を行った(図1)。
 そこから浮かび上がってきたのは、スマホから離れられない「スマホチルドレン」の実態と、スマホが子供たちの生活に与える影響の強さだった。小中学生のスマホ使用者は、ガラケー使用者や携帯電話不所持者よりも高い割合で「イライラすることがある」と答えている。「卵が先か、鶏が先か」の議論同様、このアンケートだけでは、スマホの所持とイライラの因果関係までは明確にはわからない。スマホの影響と断言はできないが、このグラフだけでも、スマホを使用する子どもたちに何かが起こっていることはうかがい知れる。

■高校生の4分の3がスマホを所持

 2013年4月、筆者が大阪府の公立高校1年生358人対象に調査したところ、予想通り、男女ともにほぼ全員が携帯電話を持っていた。そのうちスマホの使用者の割合は、75.8%(男子71.4%、女子81.2%)だった。実に4分の3がスマホを使っている
 ガラケーを利用している高校生に聞くと「次の買い換えでスマホに絶対買い換える」「ガラケーだと、LINEとかで乗り遅れてしまうから肩身が狭い」「2年以内に買い換えたらお金がかかるので、お母さんから次まで待ちなさいって言われてる」など、ほぼ全員が次の買い換えでスマホの購入を計画している。スマホの広がりはさらに加速しそうである。
 ここで、改めてスマホの特徴を整理してみよう。大別すると3つある。
 一つめは、高い性能と高い操作性だ。高性能なため、パソコン並の高度な作業ができ、便利である。
 二つめは、Wi-Fi(無線LAN)を使用できること。ガラケーは主に携帯電話会社の3G(第3世代携帯電話)回線でインターネットに接続するが、スマホは3G回線のほかにWi-Fiも使用できる。3G回線なら携帯電話会社のフィルタリングサービス(有害サイトへのアクセスを制限するサービス)を設定できたが、Wi-Fi経由だとフィルタリングが難しい。携帯電話会社の管理下にない通信経路だけを通ってネットに接続することもできるからだ。
 実際、多くの子どもたちはフィルタリング設定をしないままスマホを使っていて、さまざまな危険にさらされている。このことは意外と知られていない。
 最後に三つめは、多様なアプリをダウンロードできる点だ。例えばガラケーでは、カメラのシャッター音を消すためにそれなりの知識や技術が必要だったが、スマホではシャッター音の消去機能を備えたアプリをダウンロードするだけでいい。最近、エスカレーターや階段などでの盗撮事件の報道を頻繁に見聞きするが、こうしたアプリの存在も大きく影響していると感じる。
 

■「スマホを賢く使う」視点が不可欠

 スマホが子どもの生活に与える影響は、ガラケーとは比べ物にならないくらいに深刻になっている(図3)。「スマホ依存」「LINEでのいじめ」「オンラインゲームでの課金」など、スマホにかかわるニュースも連日報道されている。だが、子どもたちの実態を正確に表しているとは言い難い。
 
 
子どもの生活全体について考えることと等しい
 筆者の研究室に出入りする大学生が昨年(2012年)秋、「ソーシャルゲーム研究会」を結成した。インターネットの問題をソーシャルゲームという切り口で考えるためである。彼ら・彼女らとの議論の中で見えてきたのは、学生生活の中核部分にスマホがあること。だから、スマホについて考えることは、彼ら・彼女らの生活全体について考えることと等しい。大学生は新聞を読まない。ニュースはYahoo!ニュース。通学途中には、本を読まない。電車の中では、LINEやツイッターで友達との情報交換ばかりで、下宿部屋の多くにテレビがない。話題のドラマなどはYouTubeで事足りるという。ただし最近は著作権法が厳しくなり、状況が変わりつつあるそうだが。彼ら・彼女らとの議論から、これらの環境変化は、大学生以上に中高生への影響が大きいことがわかってきた。特にガラケー(従来型の携帯電話機)からスマホに携帯端末の主流が移行する今、問題が大きくなってきている。スマホの問題として見えてきたのは、ガラケー以上に依存性が高く、多くの子どもたちが危機に直面していることである。 しかも子どもごとに問題が異なっている。日本の携帯電話対策は、フィルタリングを国として基準を設けているなどこれまでは最先端を走っていたが、スマホの浸透によって激変した。スマホを使う子どもたちの大半が、フィルタリングを設定していない。フィルタリングを設定すると、子どもたちに人気の高いLINEにアクセスできなくなることが大きいと考えられる。スマホを手にすることで、子どもたちはパソコンを常に持ち歩くのと同じことができるようになった。ガラケー時代は、フィルタリングでほとんどの問題を解決できたが、スマホ時代のこれからはそうはいかない。「スマホを持たせない」ことは、危険な現状を考えると現段階では親として賢明な判断だと筆者は考えるが、子どもたちの世界でスマホがないハンディは想像以上で、よほど強い意志がないと親が子どもに根負けしてしまう。スマホにまつわる様々な問題を解決するためには、子ども自身が考えて、善悪を判断できるようにしていかなければならない。親として、一方的に禁止したり制限したりするだけでは十分ではない。普段から、ものの善悪の判断を含め、十分な話し合いをしておく必要がある。危険な環境から子どもたちを遠ざける努力を大人がしなければならないのはもちろんのこと、子どもが主体的に危険な環境には接触しない判断ができるように教育していくことが必要である。そのためにまず、子どもたちの置かれた環境や状況を知る努力が、親には求められている。だからこそ筆者は本連載を執筆しようと考えたのである。
竹内和雄
 兵庫県立大学環境人間学部准教授

 

携帯電話に変わるスマートフォンの急激な普及をふまえ、新たな情報モラルの教育に子どもと家庭と地域が一体となって取り組むための教材です。本サイトは【子ども向け】と【保護者向け】で構成されています。
保護者の方/指導される方へ
 

【新作】子ども向け映像教材
情報モラル教材

子どものスマホ・トラブル対応ガイド

2016年4月11日発売。 知っていますか? スマホの危険と対処法 教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載!...
発行年月日 2016年04月11日
定価 2,160円
(本体:2,000円)
 
編著者名 全国webカウンセリング協議会 理事長
安川 雅史/著
img_20160330-004937.gif
子どものスマホ・トラブル対応ガイド - web ...
shop.gyosei.jp/index.php?main_page=product_info...50...
 
子どものスマホトラブル対応ガイド(予約) - 20163月下旬発売予定。現在予約受付中です。知っていますか? スマホの危険と対処法教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載! □「スマホ依存」「LINEいじめ」「悪質投稿」「リベンジポルノ」――

フリースクールみらいのつぼみ

 

フリースクールみらいのつぼみ

現在、不登校、いじめ、意欲減退、学力不振、家族・対人関係、ネット・ゲーム依存など、生徒とその家族を取り巻く地域社会は様々な課題をかかえています。

フリースクールみらいのつぼみは「課題を抱える生徒や保護者の方に寄り添い、支援を行うこと」「地域とのかかわりにより生徒や保護者の課題を解消し、社会で活躍できる人材を育成すること」を目的として開校しました。

私は教員時代に、様々な子ども達と接する中で、表層に表れない1人ひとりの苦悩や葛藤を深く感じていました。家族の事、友人関係の事、学校での事、自分でもよく分からない辛い事など、本人ひとりでは、立ち向かえない環境にいる子ども達とたくさんかかわりました。

そこで、私は、何かできる事があるのではないか、自分だけでも寄り添えるのではないか、という想いで今の活動を始めました。

学校現場を離れ、養護施設や少年院、児童自立支援施設、知的障害者の施設へ訪問すると、様々な子ども達が一生懸命生きていました。執拗ないじめにあった子ども、家族から見放された子ども、虐待にあった子ども、自分が必要とされていないと信じている子ども、結果として学校に通えなくなった子どもを、日々目の当りにし、子ども達には、心のよりどころ、安心できる居場所や支える人が必要だと痛切に感じました。

絶望してしまいそうな境遇の中、ひたむきに生きている子どもにもたくさん出会いました。私はこのような子ども達や保護者のために、私も成長し続けながら、力になりたいと想い、活動を続けています。

今の社会・世間の荒波を「自分の力で」乗り切り、将来、社会で自分らしく生きていける(貢献)できるよう、子ども達とその家族を支えていきます。

フリースクールみらいのつぼみは、私のこのような想いを実現できる「居場所」として活動して参ります。

ネットいじめ・LINEいじめニュース

 
2013年09月13日 (金)リクナビ進学ジャーナル悪質化が止まらないネットいじめ。身を守るにはどうしたらいい!?
20138月27日(火)産経新聞手口巧妙化、減らない書き込み 監視にも限界
20138月26日(月)産経新聞ネットいじめ・・・消してもまた…無間地獄で人間不信に
20138月25日(日)産経新聞急増LINE 仲間内でエスカレート 自殺後も「お通夜NOW」
2013年8月4日(日)産経新聞LINEいじめ”の構造 届かぬ外部の目 「学校裏サイト」との違いは
20132月25日日経新聞わが子どう守る ネットいじめ・トラブルの実態  
ネットいじめ対応アドバイザー養成講座
全国webカウンセリング協議会・不登校児対応専門能力検定
全国webカウンセリング協議会設立
葬式ごっこ、裸の画像…中高生「LINEいじめ」の実態
http://dot.asahi.com/aera/2013120300029.html
LINEトラブル深刻 いじめや暴力の契機に
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/52231
進化するネットいじめ 今、怖いのはLINEの“外し”
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131017-00010003-jisin-soci
広がる“リベンジポルノ”
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/11/1121.html
わが子をストーカーからどう守る
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2013/12/16/01.html
リベンジポルノ:被害拡大 元交際相手の写真、ネットに
http://mainichi.jp/select/news/20131219k0000m040120000c.html
<子どもとネット>「ラインいじめ」 使い方 ルール決めさせて
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130913.html
<子どもとネット>トラブル防ぐには フィルタリング 親の責務
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130830.html
ネット依存の子どもたち<上> 「つながり」に縛られ
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130815.html
ネット依存の子どもたち<下> 絶対悪視は逆効果
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130817.html
下記から、東京で行われました人権シンポジウムの模様を見ることができます。安川は、LINEいじめについてお話させていただきました。
人権シンポシンポジウムin TOKYO
ネット依存 - ニュースJAPAN - フジテレビ
 誰も見ていないなら何をやってもいいのか?
いじめ問題講演会ケータイネット社会の落とし穴」 - あいこどもネット
 
ai-kodomo.net/aichi-kodomo/kodomo/eguide/event.php?eid=555
2013/06/28 - いじめ問題講演会ケータイネット社会の落とし穴 −ネットいじめからこどもを守る−」 講師: 全国webカウンセリング協議会 理事長 安川雅史氏 開催日(期間): 8月23日(金) ところ: アイプラザ半田 講堂 半田市東洋町1-8. TEL 0569-23- ...
 
ケータイネット問題講演会青少年育成施策推進体制充実強化事業岡山 ...
 
www.pref.okayama.jp › ... › 子育て・青少年 › 青少年育成・指導
2009/02/23 - 2月16日(月曜日)、内閣府と岡山県・(社)岡山県青少年育成県民会議の共催により、『ケータイネット問題講演会青少年育成施策推進体制充実強化事業岡山県研修会)』が開かれました。 当日は、全国webカウンセリング協議会理事長の ...
 
講演会いじめは意外と身近にある」を開催いたしました - 京都光華女子大学
 
www.koka.ac.jp/latestinfo_uni/detail.html?id=2013/02/122314
2013/02/12 - 1月18日(金)、短期大学部主催のシリーズ講演「伝統文化の講演・こころの講演」の一環として、安川雅史先生(全国webカウンセリング協議会理事長)を講師にお迎えし、「いじめは意外と身近にある」というタイトルでお話しいただきました
 
人権教育啓発推進センター ネットいじめ 〜子どもたちを守るために ...
 
www.tvac.or.jp › ボランティア・市民活動デイリー情報
2013/06/18 - 公益財団法人 人権教育啓発推進センターネットいじめ 〜子どもたちを守るために〜 【芝大門人権講座】 ... インターネット上の掲示板等を利用して、特定の児童生徒に対する誹謗・中傷が行われる「ネット上のいじめ」から子どもたちを守るため、 ...
  1. [PDF]
東山田中学校 部活動紹介ムービー上映& 「ネットトラブルネットいじめ ...
 
higashiyamata-pta.jimdo.com/app/.../開催通知(各校共通).pdf?t...
平成 26 年1月 31 日. 東山田中学校区保護者様. 横浜市立東山田中学校. PTA 会長 河原 恭子. 校 長 平野 真理子. 東山田中学校 部活動紹介ムービー上映&. 「ネットトラブルネットいじめ〜最新事情とその対処法〜」講習会開催のご案内. ―衝撃的な現状、 ...
 
情報ツールの適切な使い方 - 立教新座中学校高等学校 セントポール会
 
st-paul-kai.sakura.ne.jp/2013_lecture2.html
個人情報の管理方法、ネットいじめの対処などについてたくさんの事例をあげながら説明していただきました。 【事例】 (事例1)都立高校、女子高生 ブログにアップした不謹慎な画像が2ちゃんねるで拡散 (事例2)青森光星学園、野球部員 ブログにアップした飲酒 ...
 
FNNニュース: 「リベンジポルノ」に...
 
www.fnn-news.com › 政治一覧
リベンジポルノ」に対する法整備について取材しました。:交際中に撮った相手のプライベートな画像をインターネット上に流出させる、いわゆる「リベンジポルノ」が、今、社会問題化しています。...
 
広がるリベンジポルノ” - NHK 特集まるごと - NHKオンライン
 
www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/11/1121.html
2013/11/21 - 鈴木 「“リベンジポルノ”ということばを、ご存じでしょうか。 今、若者を中心に起きている問題なんです。 “リベンジ”とは“仕返し”という意味ですが、交際中に撮った相手のプライベートな画像、体の写真などを、ふられた恨みから、インターネット上に ...
 
6スマホで家族の個人情報「全部流出」…神戸 ... - MSN産経ニュース
 
sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/.../waf14031316240023-n1.htm
2014/03/17 - 電話番号やメールアドレス、住所、生年月日…。子供が気づかない間に、本人や家族、友人の個人情報流出させていたとしたら…。利用者の低年齢化が進むスマートフォン(高…

 

問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会

【本部事務局】
〒105ー0014
東京都港区芝1ー5ー9住友不動産ビル2号館5階
TEL:03ー6865ー1911
FAX:03ー6865ー1918
URL: http://www.web-mind.jp/
Mail:info@web-mind.jp


QRコード
携帯用QRコード